3枚目のCD発売!

とても心地良い響き・・・

8月に発売された一枚のCD が私の手元に届きました。

それはチェリスト・川上徹さんのソロアルバム「Blessing Notes」。

 

ピアニストがメインな仕事をしていることもありますが、私の中では初めてのチェリストのCDジャケットの撮影でした。

元々はジャケット写真の撮影ではなかった

 

撮影そのものは昨年の9月に行われたのですが、本来の目的はジャケット用の撮影ではありませんでした。

 

ただ、その後にCD制作の話が上がったらしく、その際に私が撮影した写真を使いたいと川上さんからお話をいただき、この上ない光栄な話に興奮しました。もちろん快諾。

 

私もとても楽しみになりました♪

 

 

川上徹さんは新日本フィルハーモニー交響楽団の首席チェロ奏者であり、また、あのサイトウキネンオーケストラのメンバーでもある、日本を代表するチェリストのお一人とも言える方。

 

そんな川上さんを紹介してくださったのは日本におけるシューマンの第一人者とも言えるピアニストの大井和郎さん。

 

昨年は大井和郎さんのアルバムの写真も担当させてもらいました。

 

ただこれはCDではなく「ハイレゾ音源」提供なのでオンライン上のデータによる販売。

なのでジャケットではなくカードサイズのインデックスが付くのみで、その写真を使ってもらいました。

 

誰にでも聴きやすいアルバム

 

このアルバムに収められた曲はサンサーンスの「白鳥」などのメジャーな曲から、少々堅い曲もありますが、全体的にとても聴きやすくクラシックと縁がないという人でも馴染みやすいかと思います。

 

ピアノ伴奏と二人だけの演奏。そのピアノも絶妙なバランスと音色がとても素晴らしいのです。

ただBGM として流しているだけでも心地良い… そんなアルバムです。

 

店頭販売はしていませんが、お取り次ぎはできるかと…

ただ今回のこのアルバムは店頭販売の予定はないとのこと。

なのでもし欲しいという方はご本人に直接、連絡していただくことしかできません。

 

がしかし、私も友人が欲しいとのことでしたので川上さんにお願いしたところ快く応じてくださいました。

Facebookなどを通じて連絡してもOKかと思います。また私がお取り次ぎすることも可能です。

 

送料込みで3,000円となっていますので、もしご興味ある方はぜひ!

 

OPA312 とまるおさむ
OPA312 とまるおさむ