ホームページはスマホで作る!

最近、PCの前に座る時間ってどのくらい?

先日、とあるレスナーから相談を受けました。

 

「お教室のホームページを作ろうと思っているんですよ」

 

「今までなかったのですか?」

 

「作り方がよくわからなくて…」

 

「それでも、それなりに生徒さんが集まっていたのですね。すごい!」

 

「でもお教室を少し拡大する計画なので、もう少し生徒さんが増えたらと思ってるんです」

 

 

さて、皆さんはどうやって生徒募集をしていますか?

 

 

ウエブサイト・ブログ・Facebook?

 

 

 

皆さんは情報を何から得ますか?

 

こんな質問をされて多くの方は「スマホ」と答えるのではないでしょうか?

電車の中で、ちょっとした待ち時間に、レストランで、カフェで…

いたるところで多くの人がスマホの画面を見つめていますね。

 

先日もどこかのサイトで「最近の大学生はレポートも論文もスマホで済ます」という記事を見ました。

自宅(部屋)にはテレビが無いという学生もかなりいました。

 

そういう状況であることは重々承知しているのでしたら、ご自身のお教室や演奏会もスマホで見られることを大前提にしないといけませんよね。

 

 

それでもPCで作ると楽でしょ

 

最近は無料でページ制作ができるサービスが多くあります。そしてそのほとんどがスマホ対応になっています。

なのでPC画面とスマホ画面の両方をプレビューしながら作ることもできます。

 

私はスマホの文字入力がとても苦手です。PC なら圧倒的に早く文字入力ができますから、その方が早いです。

なので私は実際のウエブサイト政策はPC で行っています。

 

 

でも「設計図」は必至です!

 

無料サービスでは「型」があって色々な職業用に作られているものもあります。

なのであとは写真をはめ込み、ヘッドを書いて… で終わりか?

 

・・・それがなかなか難しい。

 

いざ、作ってみようと思うと何を書いて良いか分からなくなりませんか?

 

まずは「設計図」が必要です。

 

それぞれのページでA4サイズ程度の白紙に擬似的にページを作ってみるのですね。

トップページから始まり、プロフィール、地図、連絡先、コメント欄、ブログページなどツリーも作っていけばいいですね。

 

それができれば、あとは本当に「はめ込み」です。

 

 

 

 

 

でも大事なのは・・・

 

ページの見易さ、目的の情報を得るまでの移動のしやすさはもちろんです。

 

それよりは「お客様のメリット」が一番重要ですよね。

 

「この教室の特徴は〇〇です!」

 

それをお客様のメリットに「変換」するのですね。

 

もちろん、すでに生徒さんを多くレッスンされているお教室ならこんなことは常識ですよね。。。

 

とにかくスマホ!

 

話が少しズレましたが、とにかく時代は「スマホ」です!

 

もちろん、全員が全員スマホ愛用者でないことは事実です。

しかし、無視できない数字なのですから考慮するべきです。

 

もし、皆さんがスマホの方が扱いが得意というのであればスマホでウエブサイトを作るのがベターですね。

 

派手なサイトは必要ありません。飛び抜けた個性も必要ないと思います。

まずは見やすく、わかりやすいサイト運営を目指してみてください。

SEO対策などはその次です。

 

 

OPA312 とまるおさむ
OPA312 とまるおさむ