自撮りが上手くなりたい!

最近、色々な方面から色々な質問を受けます…とは前回も記しました。

その中で意外と多いのが『自撮りが上手くなりたい!』というもの。

確かに最近はお出かけ前のファッションを鏡に写した自分をスマホで撮影する人が多いですね。

 

でも、前回も記した通りで「解像度」が甘かったりで中々上手くいかない。

ましてスマホでの自撮りとなればポーズも決めにくい。

 

さて、どうしたら自撮りが楽しくなるのでしょう?

 

今のスマホの性能はすごい!

プロが撮影するグラビアのポートレイトとスマホで撮影する自分の姿。。。

一体、何が違うのでしょう?

 

そりゃ、プロは何十万もする機材を使っているのですからねぇ、違って当然でしょ。

でも、最近のスマホも捨てたもんじゃないですよ。

例えばAppleのiPhone6sなどは1200万画素もあるのですよ!

A3サイズにプリントしても全く耐えうる画素数ですよ!

 

ちなみにプロカメラマンが多く使うキャノンやニコンのフラッグシップと言えるカメラは一世代前なら1800万画素前後です。もちろん、画素数だけが性能を決める尺度じゃありません。

でもウエブサイトに掲載する画像ならスマホでも十分なのです。

 

 

スマホの特性を知ろう!

スマホはレンズも小さく心臓部である「撮像素子」も小さいのです。

一眼レフカメラはそこが違います。つまりスマホでは1200万画素も生かしきれないのですね。

 

でも広い景色などをスマホで撮影すると隅々までくっきりとした写真が撮れませんか?

反対にグラビアのポートレイトは背景が綺麗にボケますよね。あれで被写体が強調されるのですよね。

同じようなボケをスマホで得られない?

 

ん…できなくはない。が答え。

でも、どうせならそのスマホの特性を生かしましょう!

 

例えば写真スタジオでは背景紙を使用して撮影しますよね。

あれなら背景がボケていようがボケていまいが関係ありませんね(笑)

下の3枚は私が普段使用しているスマホで撮影したもの。

ライティングは自然光のみ。

セルフタイマーを使用しています。

 

サンプル1

部屋を暗くして自然光のみで撮影

サンプル2

グレーの背景紙を使いモノクロに仕上げました。

サンプル3

コントラストを可能な限り低くしてみると…


 

 

 

スマホでもかなりなところまで撮影できることがわかりました。

ただ、どうしても露出不足になりますからノイズはかなり乗ります。

 

 

普通の人が光源を得るのにストロボだけが補助光ではありませんね。

スタジオでもフォトランプなどを使用することがあります。でも大抵は500Wとかの大光量。

それはちょっと無理かもしれないけど、最近はものすごく明るいLEDもありますからそれで代用してみる。

 

背景紙は何も紙でなくても布などでもいいのです。白でも黒でも。

そしてスマホをセルフタイマーにセットして撮影してみる。

 

どうだろう?

 

 

でも実は自然光でも十分に撮れます!

上の写真は窓からの自然光だけで撮影したものです。

黒い背景紙を使い、窓にカーテンをしながらもわずかな隙間を作り、そこから光を入れて自分を照らします。

そうすることで、いかにもストロボを使ったようなライティングになります。

 

どうですか?

これなら自宅でも撮れそうだと思いませんか?

難しいことは一切ありません。

ただ、日中でも部屋を暗くできる環境が必要ですが。。。

日当たりの良い部屋なら簡単にこうしたライティングが可能になりますよ。

 

興味を持った方!ご連絡くだされば詳しく教えます!

 

OPA312 とまるおさむ
OPA312 とまるおさむ