音楽教室発表会の写真撮影を安心価格で承ります!

より多方面に神経を集中できます

 

「安心価格」とはどういう価格でしょうか?

もちろん「安い」もありますが、何より大切なのは「単純明解」である事。

 

どんなに小さい発表会でも開催までの準備は大変。主催者はあれもこれもでてんてこ舞い。

直前になって「あっ!写真屋さん頼んでない!」なんてことにも…

慌ててあちこち電話しても、みんな断られて。。。

 

外注にしろ、その他のことにしても安心して頼めるならそれがいいのは明白。

 価格が安心できれば、その分余計な神経を遣わずに済みます。

その集中力を生徒さんのレッスンに、発表会の企画思案に充てることができるのです。

 

複雑な価格設定、条件によって異なる価格設定、時と場合によって異なる価格設定は不安をあおります。

見積もり金額と請求金額に大きな差があってはなりません。

それが「安心価格」です。

 

 

 

カメラマンはオーケストラの指揮者と同じ?

 

「発表会の写真なんて誰が撮っても同じでしょ?」

そんなご意見を頂くこともあります。

では何故、何年かお願いしたカメラマンを変える人がいるのでしょうか?

 

それは「オーケストラの指揮者なんか誰が振っても同じじゃないの?」

という考え方と同じです。

クラシック音楽に長けた皆様ならその答えは明白です。

 

また、もしあなた様がピアニストであるならば

「一定以上の技術を持った調律師なら誰でも同じ」とは思いませんよね。

それと同じことです。

 

その詳細をここで語る必要はないと思います。アーティストの皆様なら答えはご承知の上ですから。

 

私も他のカメラマンとは個性が違うのです。

 

 

 

あなた様は きっと迷います。

 

SNS の普及によってプロフィール写真の需要が高くなりました。

自分が演奏している写真、プロフィール写真を撮って欲しいと思っても価格が高かったり

カット数や時間が制限されていたりで足踏みをした経験はありませんか?

 

私はそれらの「制約」を全て取り払います。

撮影した画像は「全て」提供いたします。例えそれが数百カットあろうとも。

 

リハーサルやゲネプロでの撮影は接近戦です。

普段、目にすることの少ないアングルやライティングで撮影し続けます。

 

それらの撮影された画像を受け取った時

あなた様は、きっと迷います。そして選択に時間が必要になります。

それは忙しいアーティストにとってはマイナスです。

しかし その費やした時間は心地よい時間に変換されます。

 

友人知人の反応はきっと気持ちを心地良くさせます。

そしてそれを見た周りの人は  あなた様の活躍ぶりを羨ましいと思うでしょう。

 

周りとは違う、個性的な写真を必要としているならば

ぜひ一度、私にその役割を与えてください。